« 古澤屋【麒麟山温泉】 | トップページ | ホテル平左ェ門(その2 料理編)【咲花温泉】 »

2009.02.02

ホテル平左エ門(その1 部屋編)【咲花温泉】

《2009年冬の新潟旅行 その3》

津川からは阿賀野川に沿って国道49号線を西へ。山が切れ平野になる少し手前に有るのが咲花温泉。今回の行き先を決めるまで名前すら知らなかった・・・無知ですみません。

国道の対岸に温泉街が見えてもすぐに渡る橋は無く暫く行ってから渡って戻らないといけない立地。

090201_09

JR磐越西線、咲花駅から徒歩2~5分程度の場所にホテル、旅館が10軒程度立っている。土産物屋と云うか宿泊施設以外の店はこの饅頭屋さんだけ、なので饅頭以外に酒や菓子も置いてる。そして温泉街を通る道路もここで行き止まり。

090201_00

090201_01

090201_03

その饅頭屋の向かいに建つのが「ホテル平左ェ門」。Webで調べたらロケーションは麒麟山温泉と同じに阿賀野川を見下ろす露天風呂が有り、お湯も硫黄泉が掛け流しだと。

090201_02

館内は廊下が畳み敷きで歩いていても冷たくない。奇麗に手入れされていて雰囲気も良い。

090131_24

今回は4人だったので2Fの「山里」って部屋へ。館内図を見たら多分宿で一番広い部屋です。
二間続きで奥の部屋からは阿賀野川が見えて宿の売りのいろりも有ります・・・これで土曜宿泊で13,800円(税・サ込み)はお得かも。

090131_12

090131_16

090131_15

090131_14

090131_17

室内の設備は貴重品金庫、冷蔵庫、テレビは小さいけど普通に映る、トイレはウォシュレット。

090131_13

【咲花温泉 いろりの宿 ホテル平左エ門】
住所:新潟県五泉市佐取7234
電話:0250-47-2321
時間:10:30~21:00?
料金:500円
URL:http://www.heizaemon.jp/index.html

平左エ門:温泉編はこちらに
平左エ門:料理編はこちらに

|

« 古澤屋【麒麟山温泉】 | トップページ | ホテル平左ェ門(その2 料理編)【咲花温泉】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテル平左エ門(その1 部屋編)【咲花温泉】:

« 古澤屋【麒麟山温泉】 | トップページ | ホテル平左ェ門(その2 料理編)【咲花温泉】 »