« 富士を眺めながら西伊豆を北上 | トップページ | 桜家【三島】 »

2011.01.31

伊豆でもいちご狩り【伊豆長岡】

《冬の西伊豆旅行 その6》

大瀬崎から県道17号を走り江浦から国道414号に入ってすぐ。橋をわたった先に「いちご狩り」の看板が。この辺りには数カ所有るようだけど正直どこが良いのかわからないので一番手前へ(笑)

110131_005
受付で料金を払って指定されたハウスまで自分の車で移動。そこでヘタ入れのカップを貰い30分一本勝負。品種は「章姫(あきひめ)」とのこと。

110131_006
ハウス内は高所栽培なので少しかがめば取れるから便利。真っ赤に熟したイチゴが捜す必要がないくらい実ってます。

110131_011
110130_039
110130_040
いちご狩り自体はここ数年、年に3~4回くらい行くほどハマっているけどほぼ栃木県で「とちおとめ」か「とちひめ」なので「章姫」は初めて。
比べると「章姫」は果肉が柔らかく水分が多く感じる。よく云えば「口の中でとろける」、悪く云えば「水っぽい」。
酸味が少ないので食べやすいけど飽きやすい。特に練乳付けて食べた後に何も付けずに食べるとどう考えても甘みは練乳のほうが強いから味が感じなくなる。この品種なら練乳は封印すべきだな(笑)

しかしイチゴって品種でこれほど味が違うのかぁ・・・普段気にしてなかっのでびっくり。
終わった後に水道がない分、使い捨ておしぼりをくれるので助かります。

【伊豆長岡いちご狩りセンター】
住所:伊豆の国市南江間1454
電話:055-948-6160
時間:9:00~16:00
休み:
料金:1,500円(ホームページに割引券有り)
URL:http://www.ja-shizuoka.or.jp/izu/izunagaokaitigo/index.html

|

« 富士を眺めながら西伊豆を北上 | トップページ | 桜家【三島】 »

いちご」カテゴリの記事

コメント

> イチゴって品種でこれほど味が違うのかぁ

同じ品種でも味の差はかなりありますよ。
さらには、同じ経営体でも、案内されたハウスによって違うことも判明しました。(我が家は「佐野観光農園」を愛用=花の丘農場のは劣る)

要は、品種の差は確かに大きいですけど、その後は作り手のスタンスで左右されそうです。土作りや世話の違い。手をしっかりかけたイチゴは抜群に美味しいのだと思います。

野菜も同じで、地産地消など意味は無く、鮮度も重要ではあるものの、美味しい野菜という見方をすれば大したアドバンテージではないと思います。
いかに作り手が美味しさにこだわって丁寧に生産しているかが、味を左右しているものだと確信しています。

投稿: R | 2011.02.01 21:32

>Rさん

「同じ品種でも農家によって味が違う」は栃木でイチゴ狩りしている時に友人から云われました。それを考慮して塩原の「イチゴランド」へ何度も行っているんですが、同じ農家でも時期によって値段が違うくらいに味も違うから今回のハウスがどれだけの位置なのかは食べ比べないと判らないなぁと。

実は真っ赤に熟した実ばかりだったし、時間制限も大雑把で「お客さんに喜んでもらおう」ってスタンスは見えたので悪いハウスでは無いと思うんですが。

伊豆のこのあたりだとあと2~3ヶ所いちご狩り出来る場所が有るけど廻って売店で買ってきて食べ比べすれば判るかなぁ・・・そこまでする意味は無いか。

品種の差か、作り手の差か、時期の差か、個人の好みの差か。普段は漠然と食べていたけど今回は違いにビックリでした。

そうそう、勝手にリンク貼りましたけど大丈夫ですよね。

投稿: HACHAPP | 2011.02.02 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆でもいちご狩り【伊豆長岡】:

« 富士を眺めながら西伊豆を北上 | トップページ | 桜家【三島】 »