« 旅の宿 南條(温泉)【別所温泉】 | トップページ | 塩田平の寺院巡り【別所温泉】 »

2018.11.25

旅の宿 南條(食事)【別所温泉】

2018晩秋の信州 その7
食事は朝夕とも1Fの食堂へ。
テーブル席は決して狭くはないし、他のテーブルとぶつかる訳でも無いけどちょっとだけ閉塞感。

20181118_048
20181118_036

お品書きが有りこの日のメニューは
  • 先付(信州サーモン生春巻マリネ)
  • 前菜(林檎と柿の白和え、蜂の子チーズ、いなり寿司、丸十レモン煮)
  • 造り(寒八、つぶ貝、甘海老)
  • 鍋(信州牛すき焼き)
  • 凌ぎ(揚げ蕎麦 薬用人参)
  • 蒸し物(茶碗蒸し)
  • 焼き物(鰆幽庵ナッツ焼き)
  • ご飯
  • 止椀
  • デザート(杏仁豆腐)
20181118_038

20181118_040
20181118_039
20181118_042
20181118_037
20181118_045
20181118_046
20181118_047
20181118_049
20181118_041
20181118_050
丸十ってサツマイモかぁ・・・鹿児島だからね。「蜂の子チーズ」は蜂の子と聞くとやはり苦手意識が出そうだが濃厚で美味しいチーズ、蜂の子は気にならない。
無理に山の中で「刺し身」でも無い気がするが昭和レトロな宿ですからその当時からの伝統「旅館の夕飯には刺し身」を守ってるのかなぁ?・・・昔はどこでも出たよね。もちろん冷凍が。
酒は生ビール(キリン360ml 700円)から冷酒(マルト300ml980円)に。
20181118_043
20181118_044

朝食は「湯豆腐」「温泉卵」「佃煮」「しょうゆ豆と長芋」「ワカサギ昆布巻」「里芋」「生野菜」「漬物」「お粥」「味噌汁」・・・「ふりかけ」
20181119_003

20181119_004

20181119_005
20181119_006
20181119_008
旅館で「ふりかけ」は珍しいかなぁ?でも粥にかけると案外合うかな?白いご飯もちゃんとお櫃で持ってきてくれたのでおかわりはそちらを。
上で狭い食事処と書いたけどその分、スタッフさんの目が届きやすい。ご飯足りてる?とか細やかな気遣いが有る。

【別所温泉 旅の宿 南條】
住所:長野県上田市別所温泉212
電話:0268-38-2800
時間:イン:14:00~、アウト:~10:00
休み:-
料金:奥別館 和室8畳次の間付 14,190円/人
社員旅行とかが華やかな頃の建物なのでどうしても古さは出てしまう。この規模だから建て直しなどしたら高額で償却負担に耐えきれずとか、資金繰りがとか悲しい話を沢山聞くし。そう云えば向かいの旅館も人の気配がなかったなぁ。
そんな中で接客業の基本を守って頑張っている感じがする宿。従業員の感じは良かったです。

|

« 旅の宿 南條(温泉)【別所温泉】 | トップページ | 塩田平の寺院巡り【別所温泉】 »

美味しいなぁ」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の宿 南條(食事)【別所温泉】:

« 旅の宿 南條(温泉)【別所温泉】 | トップページ | 塩田平の寺院巡り【別所温泉】 »