« 和泉家旅館(温泉)【田沢温泉】 | トップページ | そば処 倉乃【上田市】 »

2018.11.25

和泉家旅館(食事)【田沢温泉】

2018晩秋の信州 その3
食事は朝晩とも1Fの個室で。
最初に並べてあったのが「先付け3点(生ハム&リンゴ、イナゴの佃煮、牛蒡・人参に牡蠣ソース)」と「キノコのマリネ」「小鍋」。

20181117_024

20181117_025
20181117_031

「キノコのマリネ」・・・味付けが良いのか素材が良いのかなかなか美味しい。
生ハムはメロンとなんとなく相場が決まっているけど上品で長野らしさが出ています。
「イナゴの佃煮」は子供の頃に食べた記憶あるので何とも思わないけど・・・若い人はどうだろうか?
野菜に牡蠣ソースは宿の人に聞いて判った・・・云われると「そうか、牡蠣かぁ」と納得。
飲み物はビール(ドライ・大瓶)756円から日本酒「福無量大吟醸生酒300ml」864円に。

20181117_028
20181117_026

次いで「菜の花のお浸し、サーモン散らして」「茶碗蒸し」が来て「鯉の甘露煮」「マグロのカルパッチョ」「鯉の洗い」、そして「お椀とご飯、お漬物」

20181117_027
20181117_029
20181117_030

20181117_033
20181117_034
品書きがないので何が来るか判らず少食な奥さんはペース配分が大変と。土曜の夜に2人で泊まって税抜き10,000円の宿(8%+入湯税150円で10,950円)だからボリュームがこれほど有るとは思わなかったよ。
「鯉の甘露煮」は佐久地方の名物だよね。甘辛く濃厚な味付けは日本酒にもご飯にも合う。
ここで洋風に捻った「マグロのカルパッチョ」と来て「鯉の洗い」。一般的には酢味噌が多いけどワサビ醤油でいただきます。
「小鍋」は蕎麦掻きが入ってて肉は地鶏っぽい濃厚な肉、そしてこの時期ならのキノコ。
最後のデザートはコーヒー味のアイス、公式サイト読むと自家製?

20181117_035

朝食は「焼き鮭(鱒?)」「キノコおろし」「わさび漬け」「キャラブキ」「野沢菜」「焼き海苔」「揚げ卵(?)」・・・玉子を揚げるのって珍しいなぁ、中は半熟です。

20181118_002
20181118_003
20181118_004

【田沢温泉 湯元 和泉家旅館】
住所:長野県小県郡青木村田沢温泉2695
電話:0268-49-2017
時間:イン:14:00~、アウト:~11:00
休み:-
料金:10,950円/人
宿泊料を考えたら部屋も値段も頑張っていると思う。そりゃぁ、1泊2万円も3万円もする様な宿と比較しちゃいけないよ。この価格で値段以上の満足は得られるよね。お湯は「共同浴場 有乳湯」が絶品のお湯だし。
ただ温泉目当てじゃないとなかなか泊まりにくい立地では有るが。

|

« 和泉家旅館(温泉)【田沢温泉】 | トップページ | そば処 倉乃【上田市】 »

美味しいなぁ」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和泉家旅館(食事)【田沢温泉】:

« 和泉家旅館(温泉)【田沢温泉】 | トップページ | そば処 倉乃【上田市】 »