« 不動館 小谷の湯(食事)【芦ノ牧温泉】 | トップページ | 農家レストラン 蕎屋【下郷町】 »

2019.01.31

湯めぐり手形【芦ノ牧温泉】

芦ノ牧温泉観光協会では「湯めぐり手形」ってのを発行していると。宿泊した人限定で購入出来て1年間利用可能。
1枚1,080円で3ヶ所の施設に入れると・・・で、何処の宿で利用可能なのか、何時から何時まで利用可能なのかは自分で調べろと(笑)

20190126_000
20190126_003

この手の「湯めぐり手形」って何処が最初なのかなぁ?黒川温泉?旅館とかが何軒も有る温泉地で案外見かけるよね。ただ積極的に展開しているのか一応やっているのかの温度差は大きい。
初日は13時過ぎには芦ノ牧温泉へ到着したので一旦宿に寄り手形だけ先に購入し、湯巡りをする事に。
事前に各宿の公式サイトで幾つかの宿の日帰り入浴時間はチェックしておいた。
「仙峡閣」は受付に間に合わなかったので先ずは「芦ノ牧グランドホテル」へ。
玄関前には日帰り入浴の受付状況の看板が出てる。泊まった宿にも同じのが有ったので協会で統一してるのかな?
フロントで手形を出してお願いするとシール1枚を剥がし宿のスタンプをそこに。同じ宿を複数回利用可能かは聞き忘れた・・・多分行かないけど。
内湯の浴室床は特殊加工された畳敷き、大きな窓に沿って大きな浴槽。ドアの外に露天が有り、つぼ湯が2つと岩風呂風浴槽。内湯に比べると少し小さいかな?

20190126_001
20190126_002

20190126_046


2軒目は「大川荘」へ。玄関前に橋がかかりロビーもゴージャス・・・金かかっているなぁ。大浴場&たな田露天風呂と空中露天風呂はロビー挟んで逆に有るそうだが時間的に大浴場の方へ。
こちらの宿は「絶景露天風呂 四季舞台たな田」が有名なのでそれを目当てに。普通に日帰りで利用すると1,500円だから手形買ってこちらだけ利用してもお得になる。
グランドホテルも大川荘も浴槽から対岸の雪景色が眺められ眺望は良い。お湯は共同源泉なのでどの宿も原則一緒だけど加水や循環等は宿によって違うので泊まった小谷の湯の様に熱い湯の宿も有れば適温の宿も。今回の2軒はどちらも大型旅館なので一般受けの良い適温に調節されていた。

20190126_004
20190126_005

20190126_047

もう1ヶ所入浴可能だけど15時になったので宿にチェックインして湯巡り終了。
この「手形」制度は浴槽の清掃時間を考えるとチェックアウトした翌朝に使える宿が少ないのが難点だよなぁ。

|

« 不動館 小谷の湯(食事)【芦ノ牧温泉】 | トップページ | 農家レストラン 蕎屋【下郷町】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯めぐり手形【芦ノ牧温泉】:

« 不動館 小谷の湯(食事)【芦ノ牧温泉】 | トップページ | 農家レストラン 蕎屋【下郷町】 »