« 不動館 小谷の湯(温泉)【芦ノ牧温泉】 | トップページ | 湯めぐり手形【芦ノ牧温泉】 »

2019.01.31

不動館 小谷の湯(食事)【芦ノ牧温泉】

食事は朝晩とも2Fの食事処で。位置的には浴室の真上になるかな?
部屋毎にテーブルが別れて間隔も有るので隣を気にせずに会話が可能。

20190126_045
20190126_037
先ずは夕飯。
20190126_036
20190126_029
  • 食前酒:梅酒
  • 前菜:おまかせ盛り合わせ

    20190126_032

  • 先付:きんぴら牛蒡
  • 炊合せ:牛肉のデミソース煮 ビーフシチュー風

    20190126_034
  • 陶板:真鱈のオニオンソース焼

    20190126_030

  • 鍋物:寄鍋

    20190126_033
  • 洋皿:麓山高原豚の生姜焼き

    20190126_038

  • 造り:ぶり 帆立 甘海老

    20190126_035

  • しのぎ:おまかせ(うどん)

    20190126_040

  • 蒸し物:茶碗蒸し

    20190126_041

  • 揚げ物:海老と野菜の天麩羅(天つゆで)

    20190126_042

  • ご飯:会津坂下産こしひかり
  • ご飯のおとも:ミニ穴子丼
  • 汁物:すまし汁
  • 水菓子:オリジナルデザート(珈琲ゼリー)

    20190126_043
    20190126_044

確かに豪華な素材は無いかも知れない。宿泊料を考えたら品数も多く味付けも良かった印象。

ただ会津だし馬刺しを追加料理では無く刺身の代わりにして貰えたら個人的には嬉しいけど「万人受け」を考えたら無理かなぁ。同じ会津郷土料理の「こずゆ」なら可能?
飲み物はビール(キリン中瓶 648円)から日本酒(末廣 300ml 840円)に。
翌朝の朝食。
りんごジュース、湯豆腐、赤魚焼き、小鉢3品、玉子焼き、生野菜、とろろ汁、焼海苔、漬物。

20190127_013
20190127_007
20190127_009
20190127_010
20190127_011
20190127_008
20190127_012

山菜の味噌汁も固形燃料で暖めて2杯分くらい。生野菜のドレッシングは市販のを使用。ご飯はお櫃ではなく従業員が・・・お代わりの度に来て貰って申し訳ない(笑)
各テーブルに各お櫃だとどうしても余りが増えるから食品ロス削減的にはこの方が理にかなってるけど従業員を余分に配置して人件費と比較するとどうなんだろう?・・・なんて話を同行者と。

朝食後に部屋へ戻ったら布団がそのままだったから畳む人材を食堂に配置?
食後のコーヒーはフロントの有るロビーにセルフの機械があってそちらで。

20190127_000
20190127_001

今回は広い部屋で予約したので15千円/人したけど10畳の部屋に週末2人1部屋で予約しても税込み11千円と手頃なお値段。
古い建物だが清掃されていて快適だし、接客も良く、食事も特徴はないが悪くはない。チェックアウト時に車に積もった雪はキレイに除雪してくれていたのも嬉しい。
熱い温泉が好みの分かれるところだが総じて良い旅館だと思う。熱湯好きな方にお勧め。
【不動館 小谷の湯】
住所:福島県会津若松市大戸町大字小谷字湯ノ平2498-2
電話:0242-92-2311
時間:15:00~/~10:00
休み:無し
料金:和室10畳+7.5畳 14,750円/人

|

« 不動館 小谷の湯(温泉)【芦ノ牧温泉】 | トップページ | 湯めぐり手形【芦ノ牧温泉】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不動館 小谷の湯(食事)【芦ノ牧温泉】:

« 不動館 小谷の湯(温泉)【芦ノ牧温泉】 | トップページ | 湯めぐり手形【芦ノ牧温泉】 »