« いちご食べ比べ その18 | トップページ | 不動館 小谷の湯(部屋)【芦ノ牧温泉】 »

2019.01.21

両神荘【両神温泉】

「いちごを買う」の今日の目的が10時前には終了・・・このまま帰るのもなんだしなぁ。って事で温泉へ。
「ただかね農園」の近くには「星音の湯」も有るし、10時から入れるけど日曜だと混むかなぁ?等と思って思いついたのが「両神荘」、暫く前に一度行った記憶がある程度なので再訪して見ることに。
すぐ近くの道の駅にも温泉は有るけど内湯だけって云うので日帰り入浴開始の11時半を宿の前の駐車場で待つ・・・手前に謎の中国風な建物が。

20190120_009
20190120_008
20190120_011
20190120_010

神怡舘(しんいかん)って云って中国は山西省の歴史、自然、文化等を紹介していたらしい・・・平成30年3月に入館者が減ったのを理由に閉館と。そりゃこんな場所に造ってもなかなか来ないよね。
特に鎖等は無いので外観だけなら眺められる。
で、11時半になり温泉へ・・・の前に昼飯を。こちらのレストランで1,000円以上の食事をしてレシートを見せると入浴料800円が半額の400円になると。

20190120_012
20190120_013

レストラン・・・客は他に誰も居ません!窓の外には枯れた木々と川が見える。浴室はここの真下になるので露天からの景色もほぼ同じ。
1,000円ちょうどのメニューはカレーくらいで、天ざるとか天丼、生姜焼きが1,200円。なんとなく「天ざるそば」を注文したけど海老が2本とそこそこ豪華。小鉢が付いて蕎麦は太めの田舎風。うん、1,200円でこの内容なら悪くないなぁ。

20190120_014
20190120_015
20190120_016
20190120_017

支払いを済ませたレシートを持って1階下の温泉へ・・・あ、受付はフロントかぁ。一旦フロントへ戻り食堂のレシートを見せて400円払い再度浴室へ。
脱衣はカゴのみで無料のロッカーが別途有るので荷物はそこへ。
内湯と露天は直接は行き来できず一旦脱衣所を経由して・・・多分、露天は後から造ったかな?
公式サイトには"PH9.1 強アルカリ性 メタほう酸温泉で、ぬるぬるとした肌触りが特徴の温泉です。"と書かれているが加温、循環、消毒でヌルヌル感は無かったかなぁ?
露天は川側に外が眺められる窓が空いているけど循環のお湯がその下から出ているので景色を眺めてのんびりな感も無い。
ただ温泉だけだと800円だし日曜の昼頃なので入浴客が少なく「のんびり浸かる」の当初の目的は果たせたかな。
【国民宿舎 両神荘】
住所:埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森707
電話:0494-79-1221
時間:11:30~20:00
休み:不定
料金:800円

|

« いちご食べ比べ その18 | トップページ | 不動館 小谷の湯(部屋)【芦ノ牧温泉】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両神荘【両神温泉】:

« いちご食べ比べ その18 | トップページ | 不動館 小谷の湯(部屋)【芦ノ牧温泉】 »