« ほのかな宿 樹林【日光湯元】3回目(1)洋室 | トップページ | いちご食べ比べ その26 »

2023.03.04

ほのかな宿 樹林【日光湯元】3回目(2)連泊食事

何故観光もしないのに連泊を思いついたかと云えば「温泉を堪能できる」から。温泉は10~14時が清掃で入れないけど14時以降は翌朝まで浸かれる。
例えばチェックアウト間際の9時過ぎとか、チェックイン前の14時とかは基本連泊者だけの貸切状態な訳です。

あと奥さんが花粉症なので往復の道中は何だけど、いろは坂を上がってしまえば標高1,000m以上の銀世界。雪なら花粉はそこまで舞わないだろうし、標高的にここより上は杉は育たないって噂を聞いた。なので「避粉地」として万座温泉とかも名が挙がるそうだ。日光湯元も飛散量の調査して売り出したら人気出るかな?

で、食事。
こちらの宿は基本は「霧降高原豚の豆乳しゃぶしゃぶ」で+1,000円で「栃木県産和牛の豆乳しゃぶしゃぶ」に変更。そして「本館」か「樹林棟」か、7日、14日、30日前の「早割」、今現在この組み合わせで予約を受け付けている。

過去2回の宿泊は「和牛の豆乳しゃぶしゃぶ」コースで予約して季節によるメニューの違いは殆ど無かった。そして今回も同じコースなので1泊目の夕飯は今までとほぼ一緒。

連泊の2泊目。
ある程度の宿なら連泊時の食事は変えてくれる。前回泊まった時にフロントで聞いたら「連泊の際は3~4泊はメニュー変えてお出しします」と。
但し、宿のサイトでも言及無いので今回σ(^^)達が食べたメニューが毎回連泊すると出されるとは限らないのはご理解の程を。
対応として1泊目のメニューを[]書きました。

20230225_005

20230225_011

20230225_007

20230225_006

20230225_010

20230225_008

20230225_012

20230225_009

20230225_013

20230225_014

  • 食前酒:本日の食前酒[左に同じ]
  • 先付け:あん肝豆腐[胡麻豆腐]
  • 前菜:ホッキマヨ[季節の酒菜]
  • 御造り:鹿刺し[日光濃厚湯波刺し 巻き湯波 しそ蒟蒻]
  • 強肴:栃木牛のすき焼き[栃木牛の豆乳しゃぶしゃぶ]
  • 焼物:ヤマメの塩焼き[鮎の塩焼き]
  • 温物:カニの水晶蒸し[南瓜つつみ蒸し そばの実餡]
  • 洋皿:若蒸し鶏のバジルソース[三元豚の黒胡麻豆乳ソース]
  • 口直:ニラッコ[-]
  • 食事:栃木県産米[左に同じ]
  • 吸いもの:本日のお吸物[左に同じ]
  • 香の物:大根浅漬 たまりらっきょ[本日のおしんこ]
  • 水菓子:メロン チョコムース[おすすめデザート]

メインの「すき焼き」、美味しかったなぁ。1泊目の塩ポン酢で食べる「豆乳しゃぶしゃぶ」も美味しかったけど。多少煮込んでも堅くならないし・・・基本の高原豚コースで連泊したら豚肉のすき焼きになるのかは不明。

「鹿刺し」は初めて食べたけど美味しかったです。厚み有るけど硬くなく癖も殆どなく。当初の予想は2泊目は普通にマグロ、イカ、ブリ辺りの刺身と思っていた。

デザートは初日が「杏仁豆腐」で2泊目が「メロン」と「チョコムース」、ここは同じかと思っていたけど変えるんだね。

口直の「ニラッコ」は初日のメニューには該当無く、8月の1回目に宿泊した際には「小附」として出された山菜。割りと好きな味だけど聞いたこと無い名前。ネットで検索しても不明です。


朝食は連泊しても流石に一緒かなぁ?と思っていたら違ってました。
写真上が1泊目の朝食、下が2泊目の朝食。「豚肉の陶板焼き」が「山菜うどん」に、「焼き鮭」が「焼き鯖」に、「マカロニサラダ」が「ポテトサラダ」にと。
他のテーブルの朝食を見ていないので例えばサラダはマカロニ、ポテサラが1日おきに交互で各テーブル一緒の可能性は有るけど。

20230225_000

20230226_000
因みに昼飯・・・宿では提供していません。
すぐ近くの休暇村ではランチはコロナ禍で土日限定に縮小だけど提供有る様子。紫雲荘でも「食堂ふく」って営業始めたとか。
ただ吹雪だと出たくないしなぁとカップ麺を持参しました。フロント前の売店でも販売してるし朝飯、夕飯をしっかり食べるからそんなもので充分かと。

食事場所はチェックイン時に割り振られるけどフロントの有るロビー棟の上か下で。2Fの「グリルもみの木」に座ったなら是非天井を眺めて貰いたい・・・なかなか壮観です。いや、普通の人は興味無いか(笑)

20230226_001

こちらのホテルは1969年に「柳建築設計事務所」の設計で建てられたらしい。 50年超えているから建物は古いよね。浴室の屋根も雪で耐えられなかったのか補強されていたし。

でも清掃はちゃんとされているし、温泉は極上だし、食事も満足。手頃な価格でのんびりと心の洗濯出来るのでこれからもお邪魔するかな。

【ほのかな宿 樹林】(日光グランドホテル)
住所:栃木県日光市湯元2549-7
電話:0288-62-2411
時間:15:00~/~10:00
休み:冬期平日
料金:栃木県産和牛の豆乳しゃぶコース(早割)12,500円・14,000円/人+入湯税
URL:http://www.nikkograndhotel.co.jp/

そうそう、「全国旅行支援」のクーポン、2人で2泊計6,000円分貰えたけど、一度しか使わないのにアプリダウンロードして登録しては面倒だなと宿で貰った時に「宿で紙のままで使える?」と確認して夕飯時のドリンク代と土産で使い切ったなぁ。繰り返して使うならアプリ入れるけど一度限りなんだしねぇ。

20230224_015

|

« ほのかな宿 樹林【日光湯元】3回目(1)洋室 | トップページ | いちご食べ比べ その26 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほのかな宿 樹林【日光湯元】3回目(1)洋室 | トップページ | いちご食べ比べ その26 »