« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月の6件の記事

2023.12.31

大晦日の角上魚類へ(2023年)【さいたま中央店】

20231231_003

毎年恒例となっている「大晦日の角上魚類買い出し」、普段は吉野町ICの「大宮店」を使っているが、赤十字病院跡地に「さいたま中央店」が開店してからは大晦日だけはこちらを利用。だって渋滞にハマる時間がが大きく違うから。

小雨が降る8時半過ぎに到着、17号から右折入庫不可なので与野中央通り経由で「上落合」交差点の1つ手前の信号を左折。ここまで渋滞は一切ない。ただ昨年までは立体駐車場の2Fに停められたけど満車で今日は3Fへ誘導される。タマタマなのか混雑度の違いが知れ渡ったのかは不明。
帰る9時過ぎに見たら3Fも満車で屋上へと出ていた。尚、通常は買い物すると駐車1時間無料だけど今日は精算機渋滞回避の為開放って出てた・・・去年は普通だったと記憶しているが。

20231231_001

20231231_004

店内は昨年までと同様でそこまでの混雑ではない。精算のレジもほぼ全て稼働なので待たずに買えたし。

20231231_002

今回の買い物はこんな感じ。

  • 刺身盛合(本マグロ中トロ 七彩)2,500円(税込み)
  • にしん昆布巻き 450円(税込み)
  • ジャンボえび天ぷら 2本 760円(税込み)
  • 匠洛庵 千枚漬け 321円(税込み)

今回は酢だこ、いくら、数の子を排したので刺身を少し豪華に。なので昨年と値段の違いは不明。「にしん昆布巻き」は昨年より50円UP、「ジャンボえび天ぷら」は変わらず。千枚漬けはこの店では初めての購入。

20231231_006

20231231_008

20231231_012

20231231_009

「さいたま中央店」を出て17号を北上し興味本位で「大宮店」の方にも行ってみた。右車線を走っていれば渋滞に巻き込まれないから(笑)

・・・あれ?17号左車線大丈夫じゃん!(笑)例年だと「吉野町」信号の1つ南の「吉野町IC」信号で宮前ICから来る16号との合流が渋滞で進まず大宮駅方面からの17号は手前から動かないんだけど今日は大丈夫だった。ただ「大宮店」へ左折する「吉野町」信号は東の岩槻方面からの車も有るので青になっても進めない例年通りの状態。

「大宮店」のチラシに交通規制の案内が出ていて昨年までは大丈夫だった西側からアンダーパス潜って右折し第2~4駐車場への進入が不可になっていたから功を奏したのか、タマタマなのか。旧中山道に臨時駐車場も初めてかな?

ナビの渋滞マークも特に無し。

20231231_000

20231231_005

「吉野町」信号を右折してみたが東からの車も10台程度で例年より渋滞は大きく減っている。逆にその先を再度右折し、ベルク「さいたま吉野町店」の前を通ったら賀茂神社通りに出るところでジャパンミート「さいたま北店」の駐車場渋滞に巻き込まれた(笑)

#良い子は興味だけで無駄な交通量増加をするのは止めましょう。


【角上魚類 ホームズさいたま中央店】
住所:埼玉県さいたま市中央区上落合8-3-32
電話:048-829-9481
時間:07:00~19:00(12/31)
休み:-
料金:盛合 本マグロ中トロ 七彩 2,500円他
URL:https://www.kakujoe.co.jp/index.php

次はヤオコーで買い物。

  • 菊池食品工業(株)栗きんとん 種子島産安納芋を使用した栗きんとん 300g 980円+税
  • 鈴廣かまぼこ(株)伊達巻 280g 1,180円+税

20231231_011

20231231_010

栗きんとんは2020年と価格は同じだけど380gから300gに減ってたなぁ。まぁこのご時世だから。伊達巻は同じく2020年に買った「籠清」の錦上伊達巻が大きなサイズのしか無かったので「鈴廣」のを・・・まぁ特にこだわりは無いけど。

これで年内の買い物&外出は終了。

道路の渋滞具合はタイミングも有るから時間が違えば「さいたま中央店」の方が時間かかることも有るかも知れないので念のため。

| | コメント (0)

2023.12.10

大宮ふれあい福祉センター【北大宮】

大宮北部を散歩していたら見かけた建物。高崎線の線路際なので知っている人は案外多いかも。北大宮駅と鉄道博物館駅から歩くと10分くらいかかるけど。

20231210_000

20231210_005

障害者や高齢者の福祉増進とボランティアの活動拠点と公式サイトに書かれているが、単に真四角のビルでも良いのに敢えてしてないんだなぁ。

この半円や三角、小さなガラス窓の明かり採り、奇抜では無いけど何故こんな形なのか。帰宅して調べたら1995年3月竣工って桂設計って会社のサイトに出ていた。

20231210_001

20231210_002

20231210_003

20231210_004

南側の塔みたいになっているところは「非常階段」では無く「避難すべり台」だそうだ。障害者向けの拠点ならなるほどと納得。

大宮ふれあい福祉センター:埼玉県さいたま市大宮区土手町1-213-1

 

そこからもう少し散歩するとRの効いた民家が。築は少し古そうだなぁ。昭和の後半かな?それこそ公民館とか個人宅でも設計事務所とかなら不思議は無いけど表札は普通に名前。

個人宅なので場所は書かないけどなんか好きだなぁ・・・でも家具の配置とか難しそうだ。

20231126_001

20231126_000

| | コメント (0)

2023.12.03

花田苑【紅葉2023年】

天気の良い日曜日、せっかくなので紅葉を眺めに越谷市の花田苑へ。2018年にも訪問しているから5年ぶりか。

前回来たときは能楽堂の脇から入園したけど、今は入口が別にあるそうだ。
そこそこ大きな駐車場の脇を通って南側へ。

20231203_015

20231203_016

20231203_003

券売機が有るので100円払って入園。
前回も12月になって訪問したのでちょっと終わりかけ。でも未だ十分見られます。

20231203_004

20231203_006

20231203_008

20231203_005

20231203_009

20231203_012

20231203_010

20231203_013

20231203_011

20231203_014

20231203_007

開園の9時丁度くらいに着いたせいも有るのか園内には客が10人も居ない感じ。帰る10時くらいでもガラガラ。

大きな池の周りを散歩しながらのんびりと。

能楽堂の方も前回同様色づいた樹が数本あったな。

20231203_000

20231203_002

20231203_001


【花田苑】
住所:埼玉県越谷市花田6-6-2
電話:048-962-6999
時間:9:00~16:00
休み:年末年始
料金:100円
URL:https://hanataen.kosi-kanri.com/

| | コメント (0)

三木屋旅館【四万温泉】食事

食事は夕飯が18時から、朝食が8時からIFの広間を衝立で区切って。

お品書きが無いので説明されても直ぐ忘れてしまうが最初に並んでいるのがこちら。
左奥が「鴨鍋」、手前は「うどん」、中央奥が「先付け」で卵黄味噌漬けとか干し柿、蒸しエビ、銀杏など。手前は「もずく酢」と「冷奴?」・・・歯ごたえが普通の豆腐より硬いけどごま豆腐とかでも無さそう。
右奥が「刺し身」、手前が「漬物」、飲みかけだけど生ビール(中)726円。

20231118_025

20231118_030

20231118_036

20231118_027

20231118_028

20231118_026

20231118_029

後から「焼き魚」(サワラの幽庵焼きだっけ?)と宿の定番メニューの「ビーフシチューのパイ包み」、〆に「なめこの味噌汁」とデザートで「マンゴープリン」、ご飯はお櫃に入って最初から用意されていた。

20231118_033

20231118_034

20231118_037

「うどん」の器は重ねられるタイプで薬味、汁がそれぞれに。何だうどんかぁと思って食べたらコシが有って美味しい。
「鴨鍋」は生卵をすき焼き風に絡めて食べるか熱している最中に溶いてとじるか好きにと。

20231118_031

20231118_032
「刺し身」は湯葉や刺身こんにゃく、奥にブリだったけかな?
「ビーフシチューのパイ包み」はスプーンで突き崩して。
酒は生ビールから冷酒「大盃 氷点貯蔵」って本醸造の冷酒(300ml 1,210円)へ。お酒のメニューは特に無く甘口か辛口かと聞かれての選択。

20231118_023

20231118_035

20231118_039

20231118_038

 

 

朝食も同じ場所。席に着いたら全て用意されていた。多分この時間に布団を上げに行っているんだろうなぁ。小さな宿で従業員はフロントの男性と夕飯時の女性の2人しか見かけなかったから。

20231119_000

「湯豆腐」「生野菜」「温泉卵」「とろろ」「煮物」「焼き鮭」「刺身こんにゃく」「焼海苔」「漬物」「ご飯」「味噌汁」、過不足無く美味しい朝食。

20231119_001

20231119_007 

20231119_006

20231119_004

20231119_003

20231119_005

20231119_002
全体的に野菜が美味しいなぁと奥さんと意見が一致。漬物の大根とか、生野菜の玉ねぎとか。

【四万温泉 三木屋旅館】
住所:群馬県吾妻郡中之条町四万甲3894
電話:0279-64-2324
時間:イン15:00~、アウト~10:00
休み:?
料金:13,850円/人(入湯税込み
URL:https://mikiya.tv/

時期や曜日によるけど1泊15千円しないで源泉かけ流しの温泉に一晩中浸かれて、食事も高価な食材は無くても手が込んでて美味しかったし部屋もアラを探せばいくつか出るけどリフォームされている感じだし良い宿かと。

σ(^^)の宿選びの条件は「値段は15千円/人程度」「夜中でも温泉に浸かれる」「部屋で喫煙可」「小ぶりの宿」・・・わがままですみません、温泉地によっては全滅なところも。今現在、数軒は見つけているので今後はローテーションして泊まるかな。

| | コメント (0)

三木屋旅館【四万温泉】温泉

湯小屋は2F通路の途中から階段を上がって左手に露天へのドア、右に階段をまた上がると内湯へ。どちらもチェックインからアウトまで一晩中入れるって。但し露天風呂は20~22時は貸切湯として使うのでフロントに事前に申し出てと・・・飲んだ後の時間帯なので使用せず。

20231118_022

20231118_011

20231118_019

先ずは内湯へ。
脱衣所はそこまで広くない。まぁ全8室の宿だからね。
浴室に入って左右に洗い場が有るが4つとやはり少ない。リンスインシャンプーとボディソープのボトルが左右に各1本ずつ。
その代わり浴槽はそこそこ広いかも。檜造りとの事。源泉が51℃と書かれていたのでぬるめる用のホースも有ったが湯量を絞っていて適温、41~42℃かな。
女性用は知らないが男性用は窓も大きくのんびり出来る。

20231118_020

20231118_021

露天風呂は階段途中のドアを開けて外へ。スリッパからサンダルに履き替えて一旦外の階段を上がる。雨の日用にビニール傘も置いてある。

階段を上がっていくと・・・お墓が。
これを忌避すべきモノと感じるのか、古くから続く人の生活の一部と感じるのか、受け止める個人で違いが出ると思う。まぁ目隠しの植栽か塀でも有ればもう少し違うかも知れないが。

20231118_012

20231118_018

20231118_013

そのお墓の横を通ってまた数段上がった場所に男女別の露天風呂が。
左が男性用で奥に進むと脱衣所と洗い場2つ、浴槽は縁は木製で底が石の造り。露天と云っても屋根が有るので雨でも大丈夫。

こちらは内湯よりぬる目に調節されていていつまでも浸かっていられそうな温度。首を浴槽の縁に預けて終わりかけの紅葉を眺める。

20231118_014

20231118_017

20231118_015

20231118_016

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉でpH7.1と書かれていた。源泉が熱いので夏場だけ加水するとも。
浸かってみれば無色透明無味無臭な感じだけど湯上がりの感じとか、暫くして肌の感じとかやっぱり温泉を感じる。

そう云えば内湯に飲泉用のコップが置かれていたなぁ・・・飲まなかったけど。

露天風呂の問題はお墓の前を通ることより、荒天時に傘が役に立たないくらいだと入れないとか、角度によっては近隣の家や対岸の道から見えてしまうかもって事かな?積雪深いと階段も危ないかも。でも良い浴槽なので是非に。

【四万温泉 三木屋旅館】
住所:群馬県吾妻郡中之条町四万甲3894
電話:0279-64-2324
時間:イン15:00~、アウト~10:00
休み:?
料金:13,850円/人(入湯税込み
URL:https://mikiya.tv/

| | コメント (0)

三木屋旅館【四万温泉】部屋

久しぶりの温泉旅行。数年前から目をつけていた宿は大正元年創業で四万温泉に有る「三木屋旅館」さん、全8室で温泉は原則かけ流しの宿。旅行予約サイトでも口コミは悪くない。
四万温泉って立ち寄りは数回経験有るけど泊まりは初めてかも。

紅葉シーズンは外して11月下旬に訪問。
中之条の街中から右に曲がって国道353号を走り、山口駐車場の前で右折、月見橋を渡ってすぐ、共同浴場の上之湯の隣。

駐車場は宿の前、四万川の脇に4台分程度。10台分有ると書かれているけど残りは何処に有るのだろう?

20231118_000

宿は道を挟んで川に面して建っている。階段を上がってフロントで宿帳を書いて部屋に案内をして貰う。館内はエレベータ等は無く部屋は2Fに、温泉は実質3Fの位置に有る。
フロント前も特にロビー的な場所もなく、土産物売り場も無い、小さな宿です。

20231119_008

部屋は2F一番奥の201号室、8畳に広縁の部屋。

部屋に入って正面がトイレ、温水洗浄機付き。右の襖を開けて室内へ。
部屋の窓からは四万川を挟んで対岸が。一部紅葉が残っていたけどもう半月早ければよりキレイだっただろう。
写真左に宿の駐車場が見える。

20231118_010

20231118_001

20231118_008

20231118_009

室内の備品類はお茶セット、湯沸かしポット、液晶TV、冷蔵庫、洗面、エアコン。
冷蔵庫は昔ながらの抜くと料金計算されるタイプ、下の1段分に持ち込みスペース有った。洗面にはドライヤーも。ただお湯が出なくて化粧落とすのに難儀したと奥さんの弁。

20231118_002

20231118_004

20231118_005

20231118_007

20231118_006

予約時に喫煙者と伝えておいたので灰皿も置いて貰えた。茶菓子はクッキー・・・四万名物?

20231118_003

アメニティはタオル、バスタオル、歯磨きセット、巾着は無し。

20231118_024

布団は夕飯中に敷いて貰い、朝食中に片付けられる。敷布団がマットレスなしの1枚でちょっと硬いかな?温泉入って酒飲んでしまえば寝てしまうけど。

布団を敷いてくれた時に冷水入の魔法瓶も置いてくれた。

【四万温泉 三木屋旅館】
住所:群馬県吾妻郡中之条町四万甲3894
電話:0279-64-2324
時間:イン15:00~、アウト~10:00
休み:?
料金:13,850円/人(入湯税込み
URL:https://mikiya.tv/

| | コメント (0)

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »