« 三木屋旅館【四万温泉】部屋 | トップページ | 三木屋旅館【四万温泉】食事 »

2023.12.03

三木屋旅館【四万温泉】温泉

湯小屋は2F通路の途中から階段を上がって左手に露天へのドア、右に階段をまた上がると内湯へ。どちらもチェックインからアウトまで一晩中入れるって。但し露天風呂は20~22時は貸切湯として使うのでフロントに事前に申し出てと・・・飲んだ後の時間帯なので使用せず。

20231118_022

20231118_011

20231118_019

先ずは内湯へ。
脱衣所はそこまで広くない。まぁ全8室の宿だからね。
浴室に入って左右に洗い場が有るが4つとやはり少ない。リンスインシャンプーとボディソープのボトルが左右に各1本ずつ。
その代わり浴槽はそこそこ広いかも。檜造りとの事。源泉が51℃と書かれていたのでぬるめる用のホースも有ったが湯量を絞っていて適温、41~42℃かな。
女性用は知らないが男性用は窓も大きくのんびり出来る。

20231118_020

20231118_021

露天風呂は階段途中のドアを開けて外へ。スリッパからサンダルに履き替えて一旦外の階段を上がる。雨の日用にビニール傘も置いてある。

階段を上がっていくと・・・お墓が。
これを忌避すべきモノと感じるのか、古くから続く人の生活の一部と感じるのか、受け止める個人で違いが出ると思う。まぁ目隠しの植栽か塀でも有ればもう少し違うかも知れないが。

20231118_012

20231118_018

20231118_013

そのお墓の横を通ってまた数段上がった場所に男女別の露天風呂が。
左が男性用で奥に進むと脱衣所と洗い場2つ、浴槽は縁は木製で底が石の造り。露天と云っても屋根が有るので雨でも大丈夫。

こちらは内湯よりぬる目に調節されていていつまでも浸かっていられそうな温度。首を浴槽の縁に預けて終わりかけの紅葉を眺める。

20231118_014

20231118_017

20231118_015

20231118_016

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉でpH7.1と書かれていた。源泉が熱いので夏場だけ加水するとも。
浸かってみれば無色透明無味無臭な感じだけど湯上がりの感じとか、暫くして肌の感じとかやっぱり温泉を感じる。

そう云えば内湯に飲泉用のコップが置かれていたなぁ・・・飲まなかったけど。

露天風呂の問題はお墓の前を通ることより、荒天時に傘が役に立たないくらいだと入れないとか、角度によっては近隣の家や対岸の道から見えてしまうかもって事かな?積雪深いと階段も危ないかも。でも良い浴槽なので是非に。

【四万温泉 三木屋旅館】
住所:群馬県吾妻郡中之条町四万甲3894
電話:0279-64-2324
時間:イン15:00~、アウト~10:00
休み:?
料金:13,850円/人(入湯税込み
URL:https://mikiya.tv/

|

« 三木屋旅館【四万温泉】部屋 | トップページ | 三木屋旅館【四万温泉】食事 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三木屋旅館【四万温泉】部屋 | トップページ | 三木屋旅館【四万温泉】食事 »