« 三木屋旅館【四万温泉】温泉 | トップページ | 花田苑【紅葉2023年】 »

2023.12.03

三木屋旅館【四万温泉】食事

食事は夕飯が18時から、朝食が8時からIFの広間を衝立で区切って。

お品書きが無いので説明されても直ぐ忘れてしまうが最初に並んでいるのがこちら。
左奥が「鴨鍋」、手前は「うどん」、中央奥が「先付け」で卵黄味噌漬けとか干し柿、蒸しエビ、銀杏など。手前は「もずく酢」と「冷奴?」・・・歯ごたえが普通の豆腐より硬いけどごま豆腐とかでも無さそう。
右奥が「刺し身」、手前が「漬物」、飲みかけだけど生ビール(中)726円。

20231118_025

20231118_030

20231118_036

20231118_027

20231118_028

20231118_026

20231118_029

後から「焼き魚」(サワラの幽庵焼きだっけ?)と宿の定番メニューの「ビーフシチューのパイ包み」、〆に「なめこの味噌汁」とデザートで「マンゴープリン」、ご飯はお櫃に入って最初から用意されていた。

20231118_033

20231118_034

20231118_037

「うどん」の器は重ねられるタイプで薬味、汁がそれぞれに。何だうどんかぁと思って食べたらコシが有って美味しい。
「鴨鍋」は生卵をすき焼き風に絡めて食べるか熱している最中に溶いてとじるか好きにと。

20231118_031

20231118_032
「刺し身」は湯葉や刺身こんにゃく、奥にブリだったけかな?
「ビーフシチューのパイ包み」はスプーンで突き崩して。
酒は生ビールから冷酒「大盃 氷点貯蔵」って本醸造の冷酒(300ml 1,210円)へ。お酒のメニューは特に無く甘口か辛口かと聞かれての選択。

20231118_023

20231118_035

20231118_039

20231118_038

 

 

朝食も同じ場所。席に着いたら全て用意されていた。多分この時間に布団を上げに行っているんだろうなぁ。小さな宿で従業員はフロントの男性と夕飯時の女性の2人しか見かけなかったから。

20231119_000

「湯豆腐」「生野菜」「温泉卵」「とろろ」「煮物」「焼き鮭」「刺身こんにゃく」「焼海苔」「漬物」「ご飯」「味噌汁」、過不足無く美味しい朝食。

20231119_001

20231119_007 

20231119_006

20231119_004

20231119_003

20231119_005

20231119_002
全体的に野菜が美味しいなぁと奥さんと意見が一致。漬物の大根とか、生野菜の玉ねぎとか。

【四万温泉 三木屋旅館】
住所:群馬県吾妻郡中之条町四万甲3894
電話:0279-64-2324
時間:イン15:00~、アウト~10:00
休み:?
料金:13,850円/人(入湯税込み
URL:https://mikiya.tv/

時期や曜日によるけど1泊15千円しないで源泉かけ流しの温泉に一晩中浸かれて、食事も高価な食材は無くても手が込んでて美味しかったし部屋もアラを探せばいくつか出るけどリフォームされている感じだし良い宿かと。

σ(^^)の宿選びの条件は「値段は15千円/人程度」「夜中でも温泉に浸かれる」「部屋で喫煙可」「小ぶりの宿」・・・わがままですみません、温泉地によっては全滅なところも。今現在、数軒は見つけているので今後はローテーションして泊まるかな。

|

« 三木屋旅館【四万温泉】温泉 | トップページ | 花田苑【紅葉2023年】 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三木屋旅館【四万温泉】温泉 | トップページ | 花田苑【紅葉2023年】 »