« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月の3件の記事

2024.04.29

国道122号蓮田岩槻バイパス工事6【岩槻】

前回、工事進捗を眺めた1年前のエントリーにこう書いた。
『さいたま市のサイトに「事業年度:昭和43年度から令和5年度まで(予定)」って書かれているので遅くても1年後には開通する筈だし。』

前回(1年前)のエントリーはこちら

・・・さいたま市のサイトが知らない間に変わっていてこれではσ(^^)は単なる嘘つきです(笑)

今は「令和6年度まで」に変わっているけどまた嘘つきにならないようにキャプチャを貼っておこう。

20240427_000

って事で前回から1年、もうとっくに完成しているはずの「国道122号蓮田岩槻バイパス工事」の現状を眺めに行ってきた。

#工事進捗を眺め始めた2018年当時は2020年開通予定だったなぁ。

今回は国道122号線と16号線が交わる「加倉(南)」交差点から散歩開始。
東京方面から北上してきた122号線はこの交差点で4車線(左から左折、直進、右折、右折)になる。そしてその直進車線がその先の「加倉(北)」交差点の渋滞で進まない。

20240428_000

20240428_001

渡った先は2車線だけど左側は加倉(北)交差点で左折になるので蓮田方面へ行くには右の1車線を進むしか無いけど、変則信号&16号線からの右左折車でどうにもならなくなって「加倉(南)」交差点で16号線春日部方面の左車線を塞いでクラクション鳴らされるまでがお約束な日々。

20240428_002

県道2号(旧16号)と交差する「加倉(北)」交差点へ・・・昨年は未だ途中までだった路面整備が終了してバリケード撤去すれば通行可能に見えるじゃん。

20240428_003

20240428_004

その左側も整備されて車道と歩道が。ここは地元民向けだね、車道は左側の住宅地としか接続してない。

20240428_005

野田線の線路の南側から南と北を眺める。

20240428_006

20240428_007

野田線の線路の北側に遊歩道が出来ているのは昨年から。なので昨年の写真を見てね。

エクレールってマンションの脇へ。
昨年はこの辺りまでしか工事が進んでいなかったが外観では完成したかに見える。そしてマンションの横にだけ防音用なのか透明な壁が・・・全区間作れば良いのに。

20240428_008

20240428_009

20240428_010

マンションの北側の工事区間へ出られる場所で南と北側を撮影。
仕上げの舗装をすればもう良いんじゃない?

20240428_011

20240428_012

その北の箕輪橋の下へ。
橋脚の左は橋の側道のUターンスペース、フェンスの右側が122号工事区間。
信号は設置しないのかなぁ?岩槻駅北側へ出られるので曲がる車が多いと思うけど。

20240428_013

箕輪橋を潜って北側を眺める&橋の上から北側&北側ズーム。

20240428_015

20240428_016

20240428_017

今迄はコインパーキングに車を停めての散歩だったのでここで戻っていたが今回は岩槻駅まで電車だったのでその先へ。

ただここから北側は122号線に沿った適当な道が無い。いや地図には有るように載っているけど現在の工事区間なので通行不可能。
綾瀬川を渡る路地を探してアンダーパス手前へ。位置的には「革工房クラムジーライフ  埼玉県さいたま市岩槻区箕輪244-1)の西側になる辺りで南側と北側を撮影。

北側は坂を上がって行く構造らしい。東北道を渡る橋が見える、多分あそこが工事区間終点の「平林寺」交差点。

20240428_018

20240428_019

もう少し北上すると令和5年8月に廃止になった「前原橋」とつながっていた道が通行止めになっていた・・・後ろの煙突は何なんだろう?なんかラピュタの世界だなぁ。

位置的には東北道を挟んだ東側は「デイリーヤマザキ さいたま平林寺店 埼玉県さいたま市岩槻区平林寺158-1」の辺り。

20240428_020

どうせなら最後の「平林寺橋」交差点まで行きたかったが歩ける道がないのでここで終了。西に向かってアーバンみらいのバス停から東大宮駅へ出て帰路へ。

で、何時開通するんだろう?
令和6年度とは書かれているけど見た範囲では路面の仕上げの舗装をすればすぐにも開通可能にも見えた。
工事看板は7月31日までと出ているけど令和6年度末(令和7年3月)を待たずに開通してもおかしくはない気もする。

20240428_014

無事開通すれば「加倉(北)」交差点は現在の「北行き、南行き、東西」の変則信号から「南北、東西」の一般的な交差点になるけど「加倉(南)」交差点で蓮田方面から右折が出来ないので高速に乗る車は「加倉(北)」交差点で右折が必要だから右折信号は必要だからなぁ。

 

無事に開通することを祈って。

| | コメント (0)

2024.04.28

梵寿綱の建築【早稲田~池袋】

20240425_014

先日、平日午前中に巣鴨のファイト餃子を堪能した後に「さてこの後何処へ」と都電沿線の情報をネットで探していたら早稲田にインパクトの有るビルが有ると。
梵寿綱さんって名の建築家が建てた「ドラード和世陀」って建物で早稲田大学の正門からすぐの場所。
この人は「日本のガウディ」とも呼ばれているそうで、確かに何となく判る建物だ。

20240425_003

20240425_004

20240425_005

・ドラード和世陀
 住所:東京都新宿区早稲田鶴巻町517

早稲田大学の東門横の「観音寺」や「稲門堂ビル」も別方向で尖っているね。個人的にはこの3つだったら「稲門堂ビル」が好みかも。

20240425_000

・観音寺
 住所:東京都新宿区西早稲田1-7-1

20240425_001

20240425_002

・稲門堂ビル
 住所:東京都新宿区西早稲田1-9-2

都電の電停まで戻ってそのまま線路に沿って北上。

20240425_006


豊島区役所が入る「としまエコミューゼタウン」って建物が突然現れる。奥の高層マンションは49階まで有るそうなので突然では無いのだろうけど古い民家が密集する路地の先に有るのでね。

20240425_007

20240425_008

20240425_009

・としまエコミューゼタウン
 住所:東京都豊島区南池袋2-45-4

建物を眺めながら西側の通りへ。ヲッ、なんか輝かしい(笑)
「サイケ」って単語が脳裏に浮かぶビルは「武蔵塗料ホールディングス」の本社ビルらしい。
特に難しい建築では無いんだろうけど、EXPO'70の専売公社「虹の塔」を彷彿させるカラーリング。

20240425_011

20240425_010

・武蔵塗料グリックビル
 住所:東京都豊島区南池袋2-30-16

1本西の路地に建つのが最初の「ドラード和世陀」と同じ建築家の「斐禮祈 賢者の石」ってビル。
1Fは酒屋の倉庫なのかな?

20240425_012

20240425_013

・斐禮祈 賢者の石
 住所:豊島区南池袋2-29

面白そうと思って梵寿綱さんの建物を2軒巡って見たけど、個人的には趣味では無かったが、稲門堂のビルとか武蔵塗料のビルとか歩けば琴線に触れる建物が点在するのは都心の面白いところでは有る。

| | コメント (0)

2024.04.07

大宮公園開花状況 2024.04.07

お花見は先週済ませてしまったけど三分咲き程度だったので満開の大宮公園へ花を眺めに10時くらいに行ってみた。

北大宮駅側から入る辺り、先週だと写真では判りづらかったけど今日なら小さな写真でもよく判る。

20240407_000

園内に入って二股に分かれる辺り、入学式の服装で記念撮影している家族連れが結構居ましたね。この数年開花が早かったから「満開の入学式」って何時以来なんだろう。

20240407_003

10時過ぎと云う時間なので人は多いけどシートを広げた宴会客はそれほど多くはない。うん、3月上旬の開花予想を見たらこの日に花見を企画する団体は少ないよね。
なので家族連れとか、カップルとか直前で日程を決められる人達が花見を楽しんでいる感じ。

20240407_005

20240407_004

20240407_001

20240407_006

未だ蕾の樹も有ったけど、葉が出始めて今年はそろそろ見納めか。

20240407_002

20240407_013

池の周りを通って大宮公園駅の方へ。手前で北に曲がると宇都宮線の「盆栽踏切」に出る。この区間も奇麗なんだよね。

20240407_007

20240407_008

20240407_009

20240407_010

20240407_011

20240407_012

| | コメント (0)

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »