旅行・地域

2024.01.01

2024年 元旦の武蔵一宮氷川神社【大宮】

20240101_003

どなたがお読みになっているか知らないけど、今年も宜しくお願いいたします。

今年は8時半位に氷川神社へ。
この時間だと太鼓橋手前は例年通り参拝客の規制もなくスムーズに進める。

20240101_000

20240101_001

20240101_002

昨年のエントリーに100円を投入する御神籤箱が林立してるけど両替はしてない様だと書いたが、太鼓橋手前の「神札所」の左側窓口で両替していると貼り紙が。最近キャッシュレス生活だと御籤や賽銭の小銭を持ってない時って有るよね。(2枚目の写真中央のプレハブが神札所、御神籤箱はその右側に多数ある。)

20240101_005

20240101_004

尚、氷川神社に近いコインパーキングは「300~500円/60分」が相場かな?ご注意を。
また北大宮駅&大宮公園駅の東武ストアは昨年相次いで閉店したので買い物の人もご注意を。

20240101_006

20240101_007

| | コメント (0)

2023.12.31

大晦日の角上魚類へ(2023年)【さいたま中央店】

20231231_003

毎年恒例となっている「大晦日の角上魚類買い出し」、普段は吉野町ICの「大宮店」を使っているが、赤十字病院跡地に「さいたま中央店」が開店してからは大晦日だけはこちらを利用。だって渋滞にハマる時間がが大きく違うから。

小雨が降る8時半過ぎに到着、17号から右折入庫不可なので与野中央通り経由で「上落合」交差点の1つ手前の信号を左折。ここまで渋滞は一切ない。ただ昨年までは立体駐車場の2Fに停められたけど満車で今日は3Fへ誘導される。タマタマなのか混雑度の違いが知れ渡ったのかは不明。
帰る9時過ぎに見たら3Fも満車で屋上へと出ていた。尚、通常は買い物すると駐車1時間無料だけど今日は精算機渋滞回避の為開放って出てた・・・去年は普通だったと記憶しているが。

20231231_001

20231231_004

店内は昨年までと同様でそこまでの混雑ではない。精算のレジもほぼ全て稼働なので待たずに買えたし。

20231231_002

今回の買い物はこんな感じ。

  • 刺身盛合(本マグロ中トロ 七彩)2,500円(税込み)
  • にしん昆布巻き 450円(税込み)
  • ジャンボえび天ぷら 2本 760円(税込み)
  • 匠洛庵 千枚漬け 321円(税込み)

今回は酢だこ、いくら、数の子を排したので刺身を少し豪華に。なので昨年と値段の違いは不明。「にしん昆布巻き」は昨年より50円UP、「ジャンボえび天ぷら」は変わらず。千枚漬けはこの店では初めての購入。

20231231_006

20231231_008

20231231_012

20231231_009

「さいたま中央店」を出て17号を北上し興味本位で「大宮店」の方にも行ってみた。右車線を走っていれば渋滞に巻き込まれないから(笑)

・・・あれ?17号左車線大丈夫じゃん!(笑)例年だと「吉野町」信号の1つ南の「吉野町IC」信号で宮前ICから来る16号との合流が渋滞で進まず大宮駅方面からの17号は手前から動かないんだけど今日は大丈夫だった。ただ「大宮店」へ左折する「吉野町」信号は東の岩槻方面からの車も有るので青になっても進めない例年通りの状態。

「大宮店」のチラシに交通規制の案内が出ていて昨年までは大丈夫だった西側からアンダーパス潜って右折し第2~4駐車場への進入が不可になっていたから功を奏したのか、タマタマなのか。旧中山道に臨時駐車場も初めてかな?

ナビの渋滞マークも特に無し。

20231231_000

20231231_005

「吉野町」信号を右折してみたが東からの車も10台程度で例年より渋滞は大きく減っている。逆にその先を再度右折し、ベルク「さいたま吉野町店」の前を通ったら賀茂神社通りに出るところでジャパンミート「さいたま北店」の駐車場渋滞に巻き込まれた(笑)

#良い子は興味だけで無駄な交通量増加をするのは止めましょう。


【角上魚類 ホームズさいたま中央店】
住所:埼玉県さいたま市中央区上落合8-3-32
電話:048-829-9481
時間:07:00~19:00(12/31)
休み:-
料金:盛合 本マグロ中トロ 七彩 2,500円他
URL:https://www.kakujoe.co.jp/index.php

次はヤオコーで買い物。

  • 菊池食品工業(株)栗きんとん 種子島産安納芋を使用した栗きんとん 300g 980円+税
  • 鈴廣かまぼこ(株)伊達巻 280g 1,180円+税

20231231_011

20231231_010

栗きんとんは2020年と価格は同じだけど380gから300gに減ってたなぁ。まぁこのご時世だから。伊達巻は同じく2020年に買った「籠清」の錦上伊達巻が大きなサイズのしか無かったので「鈴廣」のを・・・まぁ特にこだわりは無いけど。

これで年内の買い物&外出は終了。

道路の渋滞具合はタイミングも有るから時間が違えば「さいたま中央店」の方が時間かかることも有るかも知れないので念のため。

| | コメント (0)

2023.12.03

花田苑【紅葉2023年】

天気の良い日曜日、せっかくなので紅葉を眺めに越谷市の花田苑へ。2018年にも訪問しているから5年ぶりか。

前回来たときは能楽堂の脇から入園したけど、今は入口が別にあるそうだ。
そこそこ大きな駐車場の脇を通って南側へ。

20231203_015

20231203_016

20231203_003

券売機が有るので100円払って入園。
前回も12月になって訪問したのでちょっと終わりかけ。でも未だ十分見られます。

20231203_004

20231203_006

20231203_008

20231203_005

20231203_009

20231203_012

20231203_010

20231203_013

20231203_011

20231203_014

20231203_007

開園の9時丁度くらいに着いたせいも有るのか園内には客が10人も居ない感じ。帰る10時くらいでもガラガラ。

大きな池の周りを散歩しながらのんびりと。

能楽堂の方も前回同様色づいた樹が数本あったな。

20231203_000

20231203_002

20231203_001


【花田苑】
住所:埼玉県越谷市花田6-6-2
電話:048-962-6999
時間:9:00~16:00
休み:年末年始
料金:100円
URL:https://hanataen.kosi-kanri.com/

| | コメント (0)

2023.11.23

聖天院 勝楽寺【紅葉2023年】

正式な名称は「高麗山聖天院勝楽寺」と云うそうで、高麗神社の南に建つ真言宗のお寺。
高低差の有る境内に日本庭園や本堂、鐘堂、在日韓民族慰霊塔等が点在。

20231123_025

20231123_026

20231123_028

20231123_027

早い時間だからか受付の人はいないので拝観料300円を置いて境内へ。

20231123_029

庭園の池の周りに赤く染まった木が数本、まぁ、こちらも紅葉の名所ではない。なのでほぼ無人の境内でのんびりと庭を眺めたり本堂前から景色を眺めたり。

20231123_032

20231123_030

20231123_031

20231123_033

20231123_034

20231123_036

20231123_035

20231123_040

帰る頃にお寺の方と会って「帰りに柚子と蕪を持ってってね」と・・・結構大きな蕪を貰えた。拝観料の半分はこの蕪代だな(笑)

20231123_038

20231123_039

20231123_037_20231123170801

【聖天院 勝楽寺】
住所:埼玉県日高市新堀990-1
電話:042-989-3425
時間:8:00~17:00
休み:?
料金:300円
URL:https://shoudenin.jp/

| | コメント (0)

高麗神社【紅葉2023年】

さいたま市の自宅から西へ30km程度、勤労感謝の祝日に訪問。7時位に出発したので川越の市街地を横断しても渋滞なし。

巾着田の北側に建つ神社は朝鮮半島の高句麗から渡来した人を祀る神社と。特に紅葉の名所でも無いけど何となく来てみた。

駐車場の入口にきれいに色づいた木が1本・・・これ1本くらいかな?(笑)

20231123_019

20231123_018

なんとなく境内を散策して終了。

20231123_020

20231123_023

20231123_021

20231123_022

20231123_024

【高麗神社】
住所:埼玉県日高市新堀833
電話:042-989-1403
時間:-
休み:-
料金:-
URL:https://komajinja.or.jp/

| | コメント (0)

2023.10.25

さいたま国際芸術祭2023その他の会場【大宮】

前回のメイン会場以外に「市民プロジェクト」とか「連携プロジェクト」ってのも有るらしい。公式サイトに説明有るんだけど・・・判り難い。じっくり隅から隅まで読めば良いのかも知れないが「芸術祭」は読書会じゃ無いよね。

って事で地図にマークの有る大宮公園の「漫画会館」から「盆栽美術館」を経て「北区役所」最後に「鉄道博物館」とぐるりと散歩してみた。

大宮公園駅から北に数分、北沢楽天に因んで邸宅跡地に建てられたと云うさいたま市の施設。何十年も前の小学生の頃に父親に連れられて来た記憶が有る・・・まさか自分が大宮近辺に住むなんてその頃は夢にも思わなかったが。

建物入口前に何か動くオブジェが。「漫画熟読ニノミヤくん」ってタイトル。

20231022_000

20231022_002

20231022_001

館内2Fに上がると「コロコロなるままにニノミヤくん」って像が。

20231022_006

20231022_005

どちらも小ぶりだけど「アートだなぁ」と感じる。
因みに1Fの特別展で「魔夜峰央原画展」を開催しててパタリロの像と記念撮影出来るとか。

20231022_003

20231022_004

漫画会館:https://www.city.saitama.jp/004/005/002/003/001/

次は北に数分歩いて「盆栽美術館」へ。
入口前に縦長のバルーン状のオブジェ。こっちは大きいなぁ。裏に廻ると覗き窓が有って中はなんかキレイ。「バオバブ プランテーション」ってタイトル。

20231022_007

20231022_008

盆栽美術館:https://www.bonsai-art-museum.jp/ja/

数分北上すると宇都宮線の土呂駅。西口ロータリーからステラタウン行きのシャトルバスが出ていたので乗ってちと買い物。その西側が「北区役所」。
ここも何かあるのかなぁと見たら2Fに幟が出てたので聞いたら「12時から玄関前の広場で自転車のイベントが」との返事・・・まだ数時間有るのでパス。
イベントとして面白いかどうかは別としてふらりと訪れて見られないのは面倒だなぁ。

20231022_009

20231022_010

北区役所:https://www.city.saitama.jp/kita/

暫く南下して新幹線の方へ行くと「鉄道博物館」、ニューシャトルの駅直結。
入口前の一角に小さな電車模型が行ったり来たり・・・う~ん、意味が判らない。

20231022_012

20231022_011

鉄道博物館:https://www.railway-museum.jp/

さいたま国際芸術祭は2016年の第1回の方が個人的には良かったかも。パスポート買ったからメイン会場へ再訪はする予定だけど。

さいたま国際芸術祭2023 URL:https://artsaitama.jp/

| | コメント (0)

2023.10.15

さいたま国際芸術祭2023メイン会場【大宮】

2023年10月7日~12月10日の日程で「さいたま国際芸術祭2023」が開催と。
芸術への造形は深くないけど前回の2020はコロナ禍で行けなかったので今回は前売り券を買って楽しみにしてた。

雨が強かったので大宮駅からバスに乗って大宮区役所へ。メイン会場の旧「市民会館おおみや」はすぐ北側。

先ず降りたバス停のすぐ前、大宮区役所の入口に作品が。よく判らないけど「アート」なんだよね。

20231015_000

そしてメイン会場へ。大きなデジタルアートがお出迎え。
右側の1Fに受付が有ってフリーパス前売り券(さいたま市民用)2,500円を渡すとネックストラップのパスケースをくれてついでに裏に署名しろと。

20231015_011

20231015_005

20231015_012

数分後に短編アニメーションを大ホールで流すと云われて整理券貰って3Fへ。市民会館当時はここで色々催されていたんだなぁ・・・右に謎の通路が有るけど。

で、映像作品の感想は・・・う~ん(笑)まぁ趣味じゃなかったと云う事で。

20231015_002

改めて1Fに戻ると盆栽の展示。これもアートなんだなぁ。
受付でA4版のフロアマップを貰ったけど特に順路が有るわけではないと。ただ透明な仕切りが有って向こう側へ行くには全然別なところから向かわないといけないらしい。

20231015_004

20231015_003

右手手前の食堂だった場所かな?そこでも映像を流していたけど時間もないからスルー。

一旦外に出て最初に見たデジタルアートの前から2Fへ続く階段へ。ここから先程の大ホール右手に有った通路へ入れるが単に通過するだけ?

透明な仕切りに翻弄されて向こうへ行けないもどかしさは新たな体験だけど、これが芸術なのか?オブジェ的に幾つか作品が有ったけどどうなんだろう?

20231015_007

20231015_008

20231015_006

「市民プロジェクト」や「連携プロジェクト」って名前でメイン会場以外でもパフォーマンスやイベントをしている様だが貰ったパンフレット読んでもよく判らないなぁ。日時限定とか有るし。

せっかくフリーパスを買ったのでメイン会場は再訪するつもりだけど素人が予備知識もなく会場へ行っただけではアートな体験にはならないかもなぁ。ちょいとネガティブな感想。次回行けば新たな発見有る?

さいたま国際芸術祭2023 URL:https://artsaitama.jp/

| | コメント (0)

2023.09.24

入間川土手の曼珠沙華2023.09.24【川越市】

やっと涼しくなったのでお散歩を。
川越の入間川土手に曼珠沙華の群生地が有ると数年前に聞いてはいた。場所は国道254号の落合橋から南へ児玉往還の平塚橋にかけてだと・・・地図を見ても車を停められそうな場所が見つからない。

とりあえず「あぐれっしゅ川越」横の観光駐車場に停めて暫く西へ。1時間も歩けば着くのかなぁ?と散歩がメインだけどちと遠いなとも思いつつ歩き始める。

札の辻の先でバス停を見つけたので検索したら近くを通りそうなので乗って行く事に。東武バスウエストの[若02]って川越駅から若葉駅へ行くバスが1時間に1本ほど走っていて「平塚橋西詰」ってバス停へ下車。

20230924_001

20230924_000

降りた場所はちょうど土手の上。そのまま北へ向かって川の左岸の土手を歩いてみる。

下調べも何も無しで来たけど、ニュースで聞いた通り今年の彼岸花は遅いと。なので緑の土手にほんの僅か数輪咲いている程度。

20230924_005

20230924_003

20230924_002

20230924_004

20230924_006

今日は撮影では無く散歩メインだからコンパクトデジカメを胸ポケットに入れて。最高気温は28℃くらいって予報だけど風が爽やかで数日前迄の酷暑とは大違い。

土手の上はサイクリングロードになっているので数台とすれ違ったけどほぼ誰もいない。

254号の落合橋まで30分程度かなぁ?
川越駅方面へ右折して橋の先の「城西高校」ってバス停から川越駅のバスに乗って「札の辻」へ。こちらは1時間に2本くらいかな?

20230924_007

時期が合って満開だと見事かも知れないがアクセスが悪いなぁ。コミュニティサイクル借りた方が利口かな?

| | コメント (0)

2023.08.27

まつもと【草津温泉】

コロナ禍明けて数年ぶりの草津温泉。湯畑周辺を散歩すると閉店した店や新たに開店した店もちらほら。
そして夏休み期間だったので平日でもそれなりの賑わいが。

昼飯を食べに西の河原通りをブラブラと。確かコロナ禍前には無かったと思う「まつもと」ってうどん屋さん。12時前だけど店頭の椅子で列ぶ客が居たので自分も奥さんとその列に。運良くすぐに呼ばれたのでほぼ待たなかったが眼の前では例のまんじゅう無料試食な場所なので眺めてると飽きない(笑)

#人が多いので外観写真は早朝に撮影

20230820_000

草津と云うと昼飯は「蕎麦」なイメージが勝手に有ったがこちらは「ひもかわうどん」のお店と。「ひもかわうどん」と「きしめん」の違いすら判らないけど舞茸天付いたセットを大盛りで注文。

大盛りでも見た目ではそこまで多く見えないかも知れないが、薄いからそう見えるだけで結構量は有ります。ツルッとした食感は普通のうどんとはまた別な食感ですね。

天ぷらは舞茸天3つと葉物が1つ、大葉や春菊ではなくアシタバか?
熱々の天ぷらを塩で頂く、うん美味しいなぁ。

20230821_000

散策帰りに店の前を再度通ったら結構列ぶ人が多く店頭にも列ぶ場所が明示されていたので人気店の様子。

20230820_001

【まつもと】
住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津486-5
電話:0279-88-2678
時間:11:00~売切れ仕舞い
休み:不定
料金:舞茸天ざるひもかわ1,250円+大盛り200円
URL:

って「あぁ、この店は人気なんだなぁ」と思ったところでふと考えた。
草津温泉なんて観光地は住民でもなければ多くても年に数回、東京圏の人だと数年に1回程度の訪問頻度が普通であろう。

そうなると食事する店をどう決めるかだね。せっかくなら美味しい店を選びたいだろうし。
昔はインターネットなんか無いからガイドブックに載っている店にお客さんは集中しただろうなぁ。
店先に客が列ぶと「おっ、ここは旨いんだ」と列が列を作ることも。

古くから営業している店は年に一度、数年に一度の客が冒険せずに「草津に来たらココ」って決めてるかも。

今はネット全盛の世、食べログやらGoogleマップでも店の評価が見える。試しに湯畑周辺の昼の店を検索。(2023年8月下旬現在)

【食べログのランキング】

  • 三國家:3.49
  • 柏香亭:3.49
  • 大野家:3.40
  • 水穂:3.39
  • まつもと:3.38
  • やすらぎ亭:3.38
  • 蕎麦かない:3.38
  • あおやま 湯畑店:3.36

【Googleマップ】

  • 三國家:3.9
  • 柏香亭:4.1
  • 大野家:4.2
  • 水穂:4.1
  • まつもと:4.1
  • やすらぎ亭:4.1
  • 蕎麦かない:4.1
  • あおやま 湯畑店:3.6

この辺りが高評価なお店か。
実際にこの日散策した感じだと「三國家」や「あおやま」さん、結構列んでいたねぇ。「柏香亭」さんは既に売切れ仕舞い、「水穂」さんは店頭に列は無かったなぁ。「蕎麦かない」さんも2Fなので見える範囲では列んでなかった。

逆に行列が凄かったのが「草津湯畑 まんてん」さんって2023年8月10日オープンの串焼きと釜めしの店。
この日は開店して未だ10日も経ってないのに何故?

20230821_001

それこそ昔はネットの口コミなんか無いので一見の客が多い観光地とかは人気店に客が集中してたけど、今は口コミが集客手段のメインになって関係者がやらせ投稿とか弊害を生んでるとも聞くし。

そう云えば10年以上前に友人とたまたま入った蕎麦屋、入った瞬間から負のオーラを感じて「出ましょうよ」と云ったら「男には不味いと判っていても食わなければならない時がある」と云われたお店が有る。
メニュー見る間もなく勝手にお勧めで決められて、その癖高くて旨くも無かった店。今評価を見たら食べログ3.18、Googleマップ3.2の評価・・・案外ネットも正確だなぁ(笑)

| | コメント (0)

2023.06.03

清津峡渓谷トンネル【十日町市】

20230529_024

峡谷美と柱状節理の地形が見事って事で1941年に国の名勝・天然記念物に指定された「清津峡」、黒部峡谷(富山県)、大杉谷(三重県)とともに日本三大峡谷の一つに数えられていると・・・三大◯◯は諸説有りそうだけど。
1988年に登山道で落石事故が起きて通行不可になり代替として1996年に清津峡渓谷トンネルが出来たと。

温泉に行きまくっていた頃に湯沢から353号通って松之山温泉へは何度も行ってるので清津峡の名前は知っていたが特に興味は湧かなかった。
トンネルの直ぐ手前にある「清津館」、今はコロナ禍で日帰り入浴を中止しているが当時は受付をしていて「でも露天は宿泊者専用って云うしなぁ」と寄らなかった程度の知識。

それが2018年に大地の芸術祭の作品としてパノラマステーションが出来てから一時は年間5万人くらいしか居なかった観光客が一気に増えたと。

正式な数字か判らないがコロナ禍でも20~30万人の観光客が来てGWとか混雑期は事前予約をしているそうだ。
旭川の旭山動物園、鶴岡の加茂水族館、そしてここ清津峡渓谷トンネル、σ(^^)の知っている範囲で一発逆転が出来た人気の観光施設と思っている。

越後湯沢の宿から30分くらいかな?国道から曲がって案内看板に従って到着、平日の10時半過ぎでも第一駐車場は結構車が停まっている。手前は大型用で観光バスが3台ほど、帰る11時半頃には第一はほぼ満車かな・・・う~ん、人気だねぇ。

20230529_013

駐車場から土産物屋や宿が列ぶ歩道を歩き、渓谷沿いを進むとエントランスのカフェ兼足湯の建物が。
その先が目当てのトンネル、券売機でチケット買って中へ。

20230529_012

20230529_014

20230529_026

20230529_015

片道750m、途中に第一~第三の「見晴所」が有って最後に180度曲がって「パノラマステーション」へ。

トンネル内は薄暗くカラー照明で照らしている。多少傾斜は有るけど目が慣れれば転ぶことはないかと。

20230529_016

「第一見晴所」はごく普通、柱状節理の崖が見渡せる。

20230529_017

20230529_018

「第二見晴所」は白黒のストライプで中央に鏡張りのドームが。ドームの正体はトイレだそうだ、実用半分アート半分・・・いやアートの比率高そう。

20230529_020

20230529_019

「第三見晴所」はオレンジの光が縁に装飾されている丸い鏡の空間。

20230529_021

そしてカーブを曲がると「パノラマステーション」、観光バスが停まっていたので混雑を覚悟していたけど運良く遭遇せず10人程度。水鏡の外周部は浅いので奥まで行けるそうでグループの何人かが行って残った人が撮影とかしてたなぁ。切り替わるタイミングは無人になったので撮影。

20230529_022

20230529_023

20230529_025

今回ここに来たかったのは作品を見たいって純粋な観光の気持ちと人気の無かった施設がアイデア次第で生まれ変わるって成功譚を眺めたいって気持ちの両方で。

今後どうだろう、優れた芸術作品は何度見ても素晴らしいとは云うが「出会いの妙」みたいな部分も大きいと思う。
写真とかでは何度も見ていても初めて行った時の感動は大きいだろうが、二度、三度と足を運ぶかどうか。
「第二見晴所」は2021年のトリエンナーレ作品として追加されたそうだが、これ以上手を加えるとしたら「第一見晴所」くらいしか残ってないよね。あとはトンネル通路か。

未だ数年は初訪問の観光客で賑わうだろうけど10年、20年のスパンでは。σ(^^)が気にする必要は無いけどどう変わるか楽しみでも有る。

【清津峡渓谷トンネル】
住所:新潟県十日町市小出癸2119-2
電話:025-763-4800
時間:8:30~16:00
休み:無休
料金:1,000円
URL:https://nakasato-kiyotsu.com/

帰りはまた越後湯沢に戻って17号沿いの地元のスーパー「のぐち 湯沢ハーツ店」で地酒や夕飯用の惣菜、油揚げを買って関越道に。

20230529_027

20230529_028

20230529_029

| | コメント (0)

より以前の記事一覧